問題点は包み隠さず!まずは現状と課題を見つめよう

逃げることで得することはありません


自分の苦手な部分、問題点、これらを克服するのは大きなエネルギーが必要となります。人には得手不得手が少なからず存在するものであり、問題点があるのは致し方ないことではありますが、確実に言えることは問題点から目を背けることで得することは何もないということです。むしろ問題点が何かも分からない方も多くいるので、問題点が分かっている場合はラッキーだと思わなければなりません。
極端な話、社会人に求められる能力はすべてです。営業能力だけ、経営能力だけがある人材よりも営業能力と経営能力を兼ね備えている人材の方が嬉しいというのは目に見えています。ステップアップすることで自身の出世などにも繋がりますので、問題点とはしっかり向き合いましょう。


どうやって克服すれば良いのか


自分にとっての問題点を克服することが大事なのは分かりましたが、そもそも克服できなかったからこそ問題点になっているので簡単なことではないのです。まずスタートとしては苦手意識を持たずにその分野を好きになることから始めます。趣味でも何でも好きなことであればどれだけ向き合っていても飽きないものです。
苦手分野は自然に避ける方向へと進みがちですが、あえて毎日少しずつ苦手分野に触れ、馴染みのあるものへと意識を変えていきましょう。人間、すぐに変わることは難しくうまくいかないものですが、結局は問題点を克服するという明確な意識の有無ですべてが決定すると言っても過言ではありません。問題点克服の為の計画は誰でも立てることができますので、あとはどのように実行するかなのです。